マフラーではなくストールを巻いてモテるSEへの第1歩を踏み出そう!

こんにちは!スタイリストの吉川です。


2月に入り、ますます寒さが厳しい今日この頃。

首元もマフラーで温かくしなければ耐えられないくらいの日が増えてきました。


前回はビジネスで周りから求められるSEになる

ファッションのポイントをお話させて頂きました。

今日は一般的に浸透しきっているマフラーではなく
ストールを上手に使うコツをお伝えしたいと思います。

今、なぜストールなのか?

それは、マリッジコンサルタント河村渚さんが書いた記事

でも触れられていますが、実は求められているにも関わらず

わずかな差でチャンスを逃しているからなのです。


これはそのわずかな差を掴む第1歩になるので、

ぜひ心して前述の河村さんの記事をしっかり読んだ上で

今日のストールの使い方を即実践して頂きたいと思います。

 

「マフラーじゃダメなの?」


はい、ただ寒いので温かくしたいということであればOKです。

ですが、みんな一緒になりますので
差がつかないという観点ではダメだと言えるでしょう。

 

女性から比較されたときに「何か違うな」と

気になる男性になることがとても大切。

 

でも、まずはマフラーとストールの違いを知らねば話になりません。

ここから巻き方まで一気にいきますので、

最後までスピーディーに読み切ってしまってください。

マフラーとストールの違いって何?

マフラーは皆さんもご存知かと思いますが、

ストールというのは特に男性には馴染みが薄いアイテムです。

 

そもそもその違いは何なのか。

大きく異なる点が3つあります。

 

①長さ

基本的にはマフラーが襟巻きであるのに対して、ストールは肩掛けです。

 

ストールはもともと女性の間で広まる方が先でしたので、

大判ストールを三角形に折って、肩掛けとして使う女性も多くいます。

 

ですが、男性は女性のようにストールを肩掛けとしては使用しません。

マフラーと同じ感覚で、首に巻いて使用する人がほとんどです。

 

マフラーの形状は長方形で長いもの。

それに対して、ストールは正方形で一辺が100cm~150cmが多いと言われます。

 

②生地

次の違いは使われている生地です。

 

マフラーは冬の防寒用で、カシミヤ、ウール、アンゴラ、アルパカ、アクリルなど

ニット系素材が主に使用され分厚いのが特徴です。

 

ストールは麻、綿、シルク、カシミヤ、パシュミナ、レーヨンや細番手のウールなど、

柔らかい生地が使われていて薄いのが特徴です。

 

そのため、マフラーは取った時に収納しにくいデメリットがあります。

ストールは薄めなので収納しやすく、持ち運びやすいのがメリットです。

 

③巻き方

マフラーは基本的に首に巻きます。

ストールは本来「肩かけ」ですがマフラー同様、

首に巻くことが男性は特に多いでしょう。

 

また、首周りに巻いて使用する時もストールをねじって巻く、

ジャケットの中にストールを入れ込むなど、ファッション性が高くなります。

つまり、このファッション性の高さが周りとあなたの違いを作るのです。

これだけは覚えておきたい!ストールならではの巻き方

男性がストールをする際にこれだけは覚えておいて欲しい

差のつく巻き方がジョルジオ巻(ピッティ巻など呼称は多数あります)です。

 

これができれば、ちょっと複雑な感じがオシャレに見えます。

手順を写真付きで説明しますね。

 

①ストールを首から垂らす

 

②片側を長くする

 

③長くした方を首にぐるっと1周させる

 

④輪ができた状態になります

 

⑤最初に決めた短い方を輪から手を入れてつかみます

 

⑥輪から少しだけ引っ張り出してあげます

 ※全部抜いてしまわないように注意!!

 

⑦少し引き出して出来た輪をキープして、長い方をつかみます

 

⑧少し引き出して出来た輪の中に長い方を通します

 

⑨そのまま引き出します

 

⑩両方とも優しく引きながら、クロスさせます

 

⑪結び目を首の近くに来るように、引きながら上にあげます

 

⑫ジョルジオ巻の完成です!

 

まとめ

ストールを上手に使いこなしている男性はとても少数です。

 

だからこそ、使いこなせたときに差ができるのも事実。

 

「周りのSEさんとは何か違うな」

そう感じるようにしておくことが、

会話においても大きなキッカケになるでしょう。

 

まずは練習と実践を繰り返し、周りと差のつく

モテるSEへの第1歩を踏み出していきましょう!